「Diffbot(ディフボット)」はウェブ上のページデータを自動的に取得、解析するツールです。各サイトのURL、基本情報以外に、コンピュータービジョンを使いページの構成やコンテンツのカテゴリー化(商品、記事、静止画、動画、日付、コメント欄などの分類)を行っています。

「Diffbot」を使うことで、自社および競合他社のサービス・サイトのモニタリングが可能です。現在MicrosoftのBing、eBay、Adobeなどが当サービスを利用しています。Google Knowledge Graphの自動化版として、今後は企業にとってより重要なデータのカテゴリー化を予定しています。