株式会社クラフトマンソフトウェアが展開する「ShouldBee(シュッドビー)」はウェブサイト・ウェブアプリの受け入れテストを自動化するサービスです。テストを自動化することにより、ソフトウェア開発における全体の50%を占めると言われるテスト工数を大幅に削減することが可能となります。ユーザーが行うのは日本語でテストスクリプトを書くことだけで、その後はブラウザ上でテストが自動実行され結果が表示されます。テストスクリプトも定型文をいくつか覚えるだけで簡単に作成できるようになっているほか、スクリプトの書き方に困ったらオンラインでサポートを受けることができます。