株式会社農業情報設計社は、農業における情報通信技術と農業機械の自動化に係る研究開発を行っています。これまでに、トラクターなどの農業機械の運転を支援するガイダンスアプリを提供しており、今後はIoTデバイス「AgriBus(アグリバス)」シリーズの開発・提供により農作業の効率化・負担軽減を実現していきます。 これらのIoTデバイスを使用することで広大な畑を真っ直ぐ・等間隔に耕すことが可能になる上、作業漏れ・重複による肥料・農薬散布の無駄遣いを防止し、資材コストの低減を図ることができます。